- 空室検索 -

  • ■宿泊予定日
  • ■宿泊人数
  • 大人人 小人

酒造りプロジェクト

限定酒「初一」が完成致しました♪

限定酒造りプロジェクトとは?

     

「田植え・稲刈りから仕込みまで」
従業員全員参加型で、層雲閣グランドホテルオリジナルの限定酒を製作する計画です。




かつて明治の時代に存在していた「荒井醸造所」
層雲閣を創業し、層雲峡までの道(現 国道39号線)を私費で開拓した、 層雲峡の父と呼ばれる「荒井 初一」が経営を行っていました。

限定酒造りプロジェクトとは、層雲閣社員全員が「荒井 初一」に思いを馳せ、 高砂酒造協力のもと「米から造る」酒造りの計画です。

数年をかけ、従業員が総出で仕込む「入魂の1本」
層雲閣にしか存在しないその1本ができるまでを、当ページで逐次ご紹介していきます。

→酒造りプロジェクト2016 動画はこちら(Youtubeへ飛びます)←

     

限定酒造りプロジェクトの様子

     

写真を選択すると詳細が表示されます


  • 4月20日 (1)

    高砂酒造の方々にご来館いただき

    酒質見本の中から
    当館の料理に一番合うお酒を選んでいただきました

  • 4月20日 (2)

    当館お食事処・えぞ松にて「美風花コース」を実食し

    酒質見本の中から
    当館の料理との相性を検証いたしました

  • 4月20日 (3)

    「道産精米種「吟風」精米率60%」との相性

    ・層雲閣の料理との相性が一番良い
    ・だしとの相性が良く、虹鱒等の魚料理とも良く合う
    ・素材の味を邪魔しない

  • 4月20日 (4)

    これらの意見から、酒精米は「吟風」に決定しました

    吟風(2000年〜)コク、旨味が強いのが特徴
    北海道で2番目の酒造好適米「八反錦」と「上育404号」を掛け合わせ、「きらら397」と交配させた品種です



  • 6月1日

    A.M.10:30~

    旭川市神楽町にある
    「夢民村」(むーみんむら)
    という場所に向かい、高砂酒造の方々と
    一緒に田植えを行いました。

  • やる気ばっちり!
    売店担当の宮本くん

  • 意気投合するフロントコンビ
    上野課長と藤原くん

  • 仲良くじゃれ合う?
    池田運営部長と調理課の磯部くん

  • 本社の荒井建設より、
    奥村専務がいらっしゃいました

  • 田んぼの中から
    カエル登場!

  • 田植えが終わり、
    用水路へ

  • なかなか味のある曲線になりました



  • 6月30日 11:00~

    田植えを行った「夢民村」へもう一度向かい、
    成長を見に行きました。

  • 植えた稲を見ている池田部長。
    稲はすくすくと育っているようです。

  • 土も乾き、葉も青々しくなっています

  • 綺麗に伸び、以前と比べて2倍近くなっているかも!?

  • 味のある曲線もそのまんま。
    植えたばかりのものと比較すると、その成長度がよくわかります



  • 6月30日 14:00~

    高砂酒造さんへ向かい、
    営業主任の執行さん
    企画部長の廣野さん
    と、打合せを行いました。

  • 今回の打ち合わせの内容は、
    ・ボトルの色
    ・キャップの種類
    ・ラベルのデザインについて
    ・化粧箱の種類
    ・瓶詰本数
    ・その他

  • 化粧箱について説明する企画部長の廣野さん

  • ラベルは印象を決める大事なところ。
    大変参考になる意見を頂くことができました。

  • 帰り際に高砂酒造さんのお店へ。
    外見・中身ともにとても素敵な雰囲気でした。


  • 成長記録2

  • 成長記録2

    8月10日 10:00~

    田植えを行った「夢民村」へ向かい、
    田んぼの成長を確認しました。

  • 成長記録2

    稲は空高く伸び、のびのびと順調に育っている様です。

  • 成長記録2

    よく見ると稲穂に実を付けています!
    まだ青いその実は、秋になるにつれて小麦色に、自身の実りでしなだれていくことでしょう。

  • 成長記録2

    今は懐かしき用水路。
    田植えの時は、みんなで足を洗いました。

  • 成長記録2

    成長具合の比較

    腰ぐらいまでその背丈を伸ばしています!

  • 成長記録2

    これから少しずつ秋を迎えます。
    この若い稲穂がどう成長していくか、今から楽しみです。


  • ラベル案最終打合せ

  • ラベル案最終打合せ

    8月10日 14:00~

    高砂酒造さんへと向かい、
    日本酒ラベルについての最終打合せを行いました。

  • ラベル案最終打合せ

    ラベルは、予約担当、吉田が作成したホテル案と
    高砂酒造さんの案をお互いに持ち寄り、
    すり合わせていく形となります。

  • ラベル案最終打合せ

    ホテル案の説明中・・・

  • ラベル案最終打合せ

    高砂酒造さんの案

    プロなだけあり、文字のインパクトが凄い・・・

  • ラベル案最終打合せ

    そしてついに!
    ラベルが決定しました!

    高砂酒造さんの案を主体に、
    ホテル案を組み合わせる形となりました!

  • ラベル案最終打合せ

    あとは中身だけ!

    9月の稲刈りが楽しみです!


  • 打ち合せ・親睦会

  • 打ち合せ・親睦会

    9月2日 16:15~

    本社である荒井建設の奥村専務と一緒に
    高砂酒造さんへ向かい、
    今後の調整を行いました。

  • 打ち合せ・親睦会

    今後行われる主なイベントとしては、
    「稲刈り」と「仕込み」がございます。

  • 打ち合せ・親睦会

    打ち合せの後は、
    杜氏(酒造りの最高責任者)の森本さんと合流し、
    合計6名で親睦会を行いました。

  • 打ち合せ・親睦会

    とても良くして頂き、
    たっぷり2時間、
    大変楽しい時間を過ごすことができました。

    みなさんとても温かみがあり、
    大変素晴らしい方でした。
    本当にありがとうございました。


  • 成長記録3

  • 成長記録3

    9月3日 13:00~

    6月に田植えを行った「夢民村」へ向かい、
    成長具合を確認しました。

    あの味のある曲線も、
    今は見る影もありません。

  • 成長記録3

    田んぼの色が今迄と全く違います。
    実り重くしなだれた穂先により、
    全体が黄金色に輝いています!

  • 成長記録3

    赤とんぼと田んぼ。

    あれだけ騒がれた台風が過ぎていき、
    気付けばもう秋に突入していたようです。

  • 成長記録3

    皆で足を洗った用水路。
    この時期にもなればカラカラに乾いています。

  • 成長記録3

    重くしなだれた穂先。
    この一粒一粒が、
    美味しいお酒の一滴一滴へ変わるのです。

  • 成長記録3

    社用車と一緒に。

    順調に育っているなぁ・・・!

  • 成長記録3

    次はいよいよ稲刈りです!
    田植えを行ったメンバーで稲刈りを行います。
    乞うご期待!


  • 稲刈り

  • 稲刈り

    華麗にチェックアウト(離陸)

  • 稲刈り

    到着

  • 稲刈り

    稲でヒゲをつくって遊ぶ池田部長と、良い笑顔の女性陣

  • 稲刈り

    夢民村の齊藤マネージャーによる稲刈り実演が始まりました。

  • 稲刈り

    本社の荒井建設より、奥村専務がいらっしゃいました!

  • 稲刈り

    稲刈りはどんどん進みます

  • 稲刈り

    なんだか楽しそうなフロントスタッフの藤原くん

  • 稲刈り

    ミミズが出てきてご満悦の様子

  • 稲刈り

    一通り終わったところで記念写真。
    みんな良い笑顔で

  • 稲刈り

    続きまして、刈った稲を積み込み移動します

  • 稲刈り

    積み込みのお手伝い。ノリノリでトラクターに積み込みます!

  • 稲刈り

    稲刈りも無事終了し、次は仕込みとなります。
    通常は入れない蔵の中に特別に入れて頂き、仕込みに参加してきます!
    乞うご期待!


  • 酒造体験

  • 酒造体験

    1月19日・20日 08:00〜
    いよいよ終盤!
    高砂酒造さんへ出向き、
    仕込みのお手伝いをさせて頂きました。

  • 酒造体験

    日本酒はどうやってできるの?
    日本酒は世界でも珍しい、2種類の菌を組み合わせて生まれます。
    麹(こうじ)菌がお米のデンプンを糖に変え、酵母(こうぼ)菌が糖をアルコールに変えます。温度によって菌の繁殖の早さが変わるので、美味しいお酒ができるよう成長を管理します。そしてお米を加えながら少しずつ量を増やしていき、最後に圧搾機で絞ると日本酒(生酒)と酒粕に分かれます。

  • 酒造体験

    まず最初に「麹室(こうじむろ)」と呼ばれる部屋に行きました。麹菌を振りかけたお米が保管してあるのですが、菌が繁殖する際に熱を出すので、その熱を管理する作業が行われます。
    麹室は一般人は絶対に入れない、酒造にとってとても神聖な場所だそうです!貴重な体験、ありがとうございます!

  • 酒造体験

    お米は蒸された後、一度温度調節のために置かれます。
    それを崩し、崩したものは均一に慣らします。

  • 酒造体験

    続いて、「仕込み」と呼ばれる、酒の醪(もろみ)を造る工程です。
    大きな貯蔵タンクに、3 回に分けて仕込みます。

  • 酒造体験

    続いて、タンクの上に案内して頂き、櫂入れ(かいいれ)を行いました。
    この作業により、もろみの発酵を促進させます。

  • 酒造体験

    もろみや酒母のタンクをよく見ると、泡が出ているものと出ていない物があります。これは、発酵が進むことにより自然発生するものなのだそうです。じっと見ていると、静かに動いているのが見えました・・・!

  • 酒造体験

    続いて、蒸米(むしまい)作業に参加しました。蒸し器で蒸されたお米は、放冷器から出て、床(とこ)と呼ばれる木枠に敷き詰められます。そしてしばらく放冷した後、麹室へ運ばれます。

  • 酒造体験

    最後にお米の「洗い」と「浸漬(水につけておくこと)」の作業を手伝いました。お米を機械に投入し、研がれたお米を最後にもう一度洗い、袋に入れて水につけます。この研ぎ・浸漬の時間も秒単位で全て決まっているんです!

  • 酒造体験

    瓶詰めを行う工場の中も見せて頂きました!機械と人間の目の双方で、徹底的に中身の検査が行われていました・・・!加熱処理が段階に分かれて行われていたり、ラベルが貼られてゆく瞬間を見たりと、とても貴重な経験をしました!

  • 酒造体験

    酒造に入る事自体初めてな私たち。二日間に渡り懇切丁寧に日本酒ができるまでを教えて頂いた杜氏の森本さん、またご協力いただいている高砂酒造の皆様、誠にありがとうございます!いよいよ発売まで秒読みです!!!